人々は新しい人と出会うためのアプリとして、Tinderを信頼して利用しています。これには、重大な責任が伴います。そしてTinderは、アプリ利用のあらゆる場面で、メンバーが安全とポジティブさ、そして自分が尊重されていることを感じられるようにするため、常に進化しています。スワイプからメッセージやビデオ通話まで、日本で利用可能なTinderの安心・安全機能の代表的なものをご紹介します。

人々は新しい人と出会うためのアプリとして、Tinderを信頼して利用しています。これには、重大な責任が伴います。そしてTinderは、アプリ利用のあらゆる場面で、メンバーが安全とポジティブさ、そして自分が尊重されていることを感じられるようにするため、常に進化しています。スワイプからメッセージやビデオ通話まで、日本で利用可能なTinderの安心・安全機能の代表的なものをご紹介します。

  • 会話を始めるには、メンバーは互いをLikeしていなければいけません。この機能のおかげで、自分が興味を示していない人から余計なメッセージが送られてくるのを避けることができます。

  • Tinderでプロフィールを作成し、自分の写真を追加したメンバーは写真認証を推奨されます。写真認証は、メンバーに対し、アプリの指定する特定のポーズでの写真を複数枚撮影させ、それをプロフィール写真と比較することで、その人がプロフィールの本人であることを確認するものです。認証済みのメンバーのプロフィールには青い認証マークが表示され、より他のメンバーとマッチしやすくなります。

  • アプリに含まれているTinderのセーフティーセンターは、安全やプライバシーに関する国別のリソースや記事、ヒント、クイズ、情報などによって構成されたインタラクティブなコンテンツです。「設定」またはチャット中に表示される「セーフティーシールド」のマークからアクセスすることができます。セーフティーセンターは、メンバーの安全を守ると同時に、メンバー自身がアプリ内またはオフラインのデートで自分の身を守ることができるよう啓発する目的で、Match Group諮問委員会やパートナーのNGOの協力により開発されました。

  • Tinderのビデオ通話機能は、制御のしやすさや使い心地を第一に考えて開発されました。この機能を使えば、相手に連絡先を渡すことなくオンラインで顔を合わせ、マッチ相手が本物であることを確認し、オフラインで対面する前に相手と気が合うかどうかを確かめることできます。

  • メンバーが相手を不快にさせる可能性のあるメッセージを送信しようとした時、「相手はこの言葉を失礼だと感じるかもしれません。
    本当にこのまま送信しても大丈夫ですか?」という確認のメッセージを表示する機能です。
    Tinderでは、不適切なコンテンツの報告をメンバーに頼るだけでなく、事前にそれを検出するための取り組みも行なっています。この場合でも同様に、違反行為や不適切なコンテンツのシェアを繰り返し行ったメンバーは、アカウントを取り消される可能性があります。

  • LGBTQIA+のメンバーがオフラインでLGBTQIA+のコミュニティを罰する法律を敷いている国に旅行したり、Tinderのパスポート機能を使ってそういった国でスワイプをしようとすると、注意が表示され、その地域でプロフィールが表示されないようにすることができます。Tinderは旅行中に出会いを求める上でもとても役立つアプリですが、何よりも安心・安全を優先します。

  • Tinderで不快な思いをする可能性があるメッセージを受け取ると、迷惑メッセージ防止機能と同様に、メンバーには「メッセージに不快な思いをする内容がありましたか?」という質問が表示され、「はい」と回答すると、メッセージの送信主を報告するかどうかの選択肢が表示されます。この機能によって、ハラスメントの報告数が増加しました。

  • この機能により、メンバーはアプリでプロフィールを表示したくない、またはされたくない相手の連絡先をブロックすることができます。そうすることで、思いがけない相手をLikeしてしまう心配をせず、Tinderを存分に楽しむことができます。
    ブロックした連絡先は、その人がすでにTinderを利用している場合はもちろん、その後にTinderを同じ連絡先情報を使ってダウンロードした場合も、マッチ候補として表示されません。