Tinderのスワイプ機能は、世界中のまだ見ぬ多様なパートナー候補を私たちの指先に集めます。自宅にいながらでも可能なこの方法によって、新しい人との出会いは驚くほどシンプルで楽しいものとなり、Tinderは約2年で「1日1スワイプ」から「10億スワイプ」まで成長しました。Tinderで生まれる関係には、アプリ内のメッセージ のやり取りで終わるようなものもあれば一日、一晩、あるいは一生続くようなものもあるかもしれません。まずはオンラインで人々が安全につながるための方法を紹介します。

Tinderのスワイプ機能は、世界中のまだ見ぬ多様なパートナー候補を私たちの指先に集めます。自宅にいながらでも可能なこの方法によって、新しい人との出会いは驚くほどシンプルで楽しいものとなり、Tinderは約2年で「1日1スワイプ」から「10億スワイプ」まで成長しました。Tinderで生まれる関係には、アプリ内のメッセージ のやり取りで終わるようなものもあれば一日、一晩、あるいは一生続くようなものもあるかもしれません。まずはオンラインで人々が安全につながるための方法を紹介します。

知らない人には、どんな個人情報も渡さないようにしましょう。個人情報や住所、日々のルーティン(例:毎週月曜日に決まったジムに行くなど)に加え、自分の家族や友人の情報は簡単に教えないことをおすすめします。

新しい人と出会ったら、Tinder内でやりとりするのが安全で、おすすめです。Tinderでは、文章や絵文字、ビデオ通話以外のコミュニケーションは利用できないので、不快な画像が送られてくる心配はありません。マッチ相手がすぐに電話や他のアプリでの会話に誘導しようとしてきたら、気をつけましょう。もしかしたら、Tinderの監視の目を避けようとしているのかもしれません。

自分のTinderのパスワードは、マッチ相手とのつながり以上に強力なものに設定することが大切です。公共の、あるいは誰かと共有しているコンピューターからログインする時は注意し、ユーザ名やパスワード情報を聞いてくるメールがTinderから来たら、絶対に教えず、すぐにTinderに報告するようにしましょう。Tinderがメールでお客様のアカウント情報について尋ねることはありません。このような行為を報告する方法の詳細は、アプリ内のセーフティーセンターで確認できます。

金銭的援助を求めてくる詐欺師や、電話やビデオ通話を拒否する相手は、プロフィールを偽っている可能性があるため気をつけましょう。相手が質問に答えようとしなかったり、直接会ったこともなく、お互いのことをあまり知らないのに真剣な交際を迫ってくる場合は、詐欺師の可能性があります。

メンバーは、Tinderのアプリに登録した後、スワイプを開始する前に、当社のハウスルールに同意することを求められます。これはメンバーがTinderから受け取る初めてのメッセージで、安全に関することと、他のメンバーを尊重することが主な内容となっています。

プロフィールは自分らしく

自分の写真を使い、年齢や自己紹介にはありのままの自分のことを書きましょう。

安全でいるために

個人情報をすぐ他の人に伝えないようにしましょう。

スマートにふるまおう

他のメンバーを尊重して、自分がされたら嫌なことはしないようにしましょう。

臭い物には蓋をしない

違反行為を見かけたら、常に報告するようにしましょう。